HOYA


HOYALUX Trinity (遠近両用レンズ)

満足からもっとその上の「感動」へ。HOYA史上最高峰の遠近両用メガネレンズ。
それはお客さま一人ひとりの生活シーンや趣味に加え今、ご愛用のメガネレンズの設計を反映
ライフスタイルに最適な設計を選べるフルオーダーメイドレンズ。
あなたの視界に「感動」が広がるHOYALUX Trinity 。HOYAが自信を持ってお届けします。

 

ライフスタイルで選ぶTrinity

 

MMタイプ

趣味は読書や囲碁・デスクワークを多くこなす、ユレやユガミを抑え違和感の少ないMタイプがおすすめ。

中間から近方の領域が広く、
両面複合累進設計の特徴と相まって
とても自然でマイルドな掛け心地です。

※ 料理・楽器演奏・パソコン・テレビ鑑賞などに



BBタイプ

遠近両用が初めての方。最近細かい文字が見にくくなった方にはすべてにおいて均整のとれているBタイプがおすすめ。

遠方から中間、近方とどの領域もバランス良く設計され、まさにどの距離・どの方向に対してもクリアで自然な視界が得られます。HOYALUX Trinityの中心となるバランスタイプの設計です。遠近両用が初めての方におすすめです。
※ 旅行・風景撮影・買い物などに



SSタイプ

平日は車の運転が多め。趣味はスポーツ観戦がお好きな方は遠くの視野に広さを感じるSタイプがおすすめ。

遠方視領域が広めに設計された設計で両面複合累進設計によってとてもすっきりとしたシャープな視界が得られます。屋外で過ごす時間の多めの方や長時間のドライブをする方など、よりシャープな遠方視を求める方におすすめ。
※ 運転・スタジアム観戦・ツーリング・登山などに



HOYALUX Trinityは、14mm 11mmの2つの累進帯長をご用意。

ゆったりとした視界を重視の14mmタイプ
遠近両用レンズは慣れるまで時間がかかるとお思いのあなたには、14mmタイプで
ゆったり視界を提案します。

小さなフレームにも対応の11mmタイプ
遠近両用レンズは「小さいフレームで作れない」とお思いのあなたには、11mmタイプで
オシャレな目元を提案します。

 

HOYALUX Trinity の基本設計は12デザインですが、両面非球面による球面度数の最適設計、
アトーリック面による乱視度数の最適設計、乱視軸に対するリスティング則対応の全方位設計、
3つのエルゴノミック・インセット設計(度数別・PD別・近業目的距離別)、
3種類の加入度定義方程式を組み合わせFREE FORM技術によってお客様一人ひとりの
ニーズに合わせた設計でおつくりしています。


 

レンズの知識・おすすめのレンズなど

カラーレンズ

遠近両用レンズ


UVテクノミント加工

レンズコート使用上注

調光レンズ
SUNTECHシリーズ


目にまつわるミニコラム

 

TOPヘ戻る