シーメンス補聴器

聞こえのチェック
難聴の種類について

耳あな型補聴器
耳かけ型補聴器
ライフ・RICタイプ
バイブタイプ補聴器
ポケット型補聴器
Siemens Cool

補聴器TOPへ戻る
サイトTOPへ戻る


取り扱いブランド一覧
ロゴクリックで公式HPへ
ジャンプします。

シーメンス補聴器

オーティコン

リオネット補聴器

ワイデックス

 



難聴って一つじゃないの?

難聴のタイプは3つの種類に分けられます。
耳のどの部分に障害があるかで、伝音・感音・混合性難聴に分類されます。

 

質問1

 

伝音難聴

中耳炎や鼓膜の損傷,病気等により外耳か中耳のどこか、音を伝達する
部分に何らかの障害があるために起こる難聴です。

感音難聴

内耳以降の感音器、つまり音を感じる部分に何らかの障害があるために
起こる難聴です。この難聴の代表が,加齢と共に聞こえにくくなる
聴力障害です。薬物や,長時間騒音下にいることで起こる聴力障害も
これにあたります。
単に聞こえにくいだけでなく、音がひずんで聞こえるなど、言葉の
聞き取り能力が低下ことがあります。

混合性難聴

伝音性難聴と感音性難聴の両方が同時に起こるタイプの難聴です。